病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

豆類の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ミツモンキンウワバ

Ctenoplusia agnata
鱗翅目キンウワバ科

写真をクリックすると拡大します

ミツモンキンウワバ
閉じる

幼虫、体長約35mm

ミツモンキンウワバ
閉じる

成虫、開張32~35mm


被害

多食性でダイズ、ニンジン、ゴボウ、フキ、キク、ハッカ等の葉を加害する。ダイズでは低密度で恒常的に発生する。

被害作物

ダイズ、エンドウマメ、豆類(子実)、クローバ等マメ科牧草。

発生

成熟幼虫と蛹で越冬すると推察される。5月以降年3回発生する。第2世代幼虫は8月に、第3世代は9月以降に発生する。成熟幼虫はダイズ葉を裏側に巻いて白色のうすい繭を作り蛹化する。

形態

幼虫の体色は淡緑から濃緑まで変異がある。シャクトリ状に歩行。成虫は中型の暗褐色の蛾で前翅中央部に2個の小白斑がある。

収録:防除ハンドブック「 豆類の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫