病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

アオミドロ

Spirogyra arcla
ホシミドロ科

全国に分布し、ごく普通に発生する。接合子と厚膜胞子で繁殖する緑藻植物。糸状体の分裂によって増殖する。接合子や厚膜胞子は水温18~23℃で良好に発生する。土中の有機物、リンや窒素成分が多い場合に多発する。移植直後に多発すると、水温の低下、稲苗のなぎ倒し、肥料養分の収奪などでイネの分げつを抑制することがある。ACNおよびシメトリン、ジメタメトリンなどのトリアジン系除草剤が卓効を示す。6前後の多核細胞が網の目のようにつながって増殖するアミミドロと混生する。(除草剤の登録では「藻類」としてまとめられている。)

写真をクリックすると拡大します

アオミドロ
閉じる

水田ではアミミドロやホシミドロなどと一緒に発生することが多い

アオミドロ
閉じる

アオミドロは枝分かれしない糸状で、細胞内には葉緑体が螺旋状に配列する


収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫