病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

タカサブロウ

Eclipta thermalis
キク科

北海道を除く全国に分布し、畑にも普通に発生する。種子繁殖する一年生雑草。温暖地以西で発生が多い。種子(そう果)は湛水土中では発芽せず、畦畔沿いの水際や水面上に露出した田面などに発生する。出芽後は湛水条件下でも旺盛に生育する。乾田直播栽培などでは問題となる。そう果の幅が狭く(幅1.9mm、長さ2.4mm)、翼のない帰化種アメリカタカサブロウは、温暖地以西ではタカサブロウより普通に見られる。アメリカタカサブロウの種子は深い休眠性を持つことが知られている。除草剤に対する反応の差は検討されていない。

写真をクリックすると拡大します

タカサブロウ
閉じる

タカサブロウは高さ1mに達し、葉には鋸歯があり対生。全体に短毛があってざらつく

タカサブロウ
閉じる

アメリカタカサブロウの幼植物。茎葉ともざらつく

タカサブロウ
閉じる

アメリカタカサブロウの頭状花。種子(そう果)は幅1mmほど


収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫