病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

チョウジタデ

Ludwigia epilobioides
アカバナ科

全国に分布し、湿った畑にも普通に発生する。種子繁殖する一年生雑草。種子は湛水条件下より湿潤な土壌で良好に発芽する。このため、畦畔沿いや水面上に露出した田面などに発生しやすい。湛水条件下では、約10℃の気温で発芽を始める。幼植物では葉が対生し、成長すると互生になる。湛水条件下で生育した個体は白色の呼吸根(気根)を出す。通常の水田用除草剤で防除できるが、漏水田などでは繁茂することがある。温暖地以西の水田では、北アメリカ原産の近縁な帰化種ヒレタゴボウ(アメリカミズキンバイ)が発生する。

写真をクリックすると拡大します

チョウジタデ
閉じる

チョウジタデは高さ80cmに達し、葉は広ひ針形で全縁。葉腋に黄色の4弁花を着ける

チョウジタデ
閉じる

チョウジタデの幼植物。やや紫色を帯びる。

チョウジタデ
閉じる

花が大きく、茎に翼のある帰化種、ヒレタゴボウ


収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫