病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ヤナギタデ

Persicaria hydropiper
タデ科

全国に分布し、畑にも普通に発生する。種で繁殖する一年生雑草。種子は湛水条件下でも発芽するが、湿潤な畑状態でも良好に発芽する。このため、耕起前に発生した個体が耕起、代かきで土中に埋没されない場合には、水稲移植後に処理する除草剤の効果が十分に発揮されずに旺盛に生育して問題となることがある。代かき後に湛水条件下で発生した個体は通常の除草剤で制御される。子葉や本葉に辛味成分を含み、「タデ酢」や刺身のつま用に栽培されるタデ(ホンタデ)の野生種。

写真をクリックすると拡大します

ヤナギタデ
閉じる

ヤナギタデの葉はひ針形で縁は通常波打ち、辛みがある。高さ50cmに達する

ヤナギタデ
閉じる

ヤナギタデの花。花穂が細く、花がまばらに着く

ヤナギタデ
閉じる

ヤナギタデの幼植物。全体紫色を帯び、子葉は丸い。幼時から辛い


収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫