病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

クサネム

Aeschynomene indica
マメ科

北海道を除く全国に分布し、湿潤な畑地にも発生する。温暖地以西の水田では増加傾向にある。種子繁殖する一年生雑草。種子は、湛水条件下では発芽しないが、湿潤条件では土中8cmからでも発生する。莢の節片中の種子が水面に浮上して発芽し、根を伸ばして定着する。こうした発芽特性のため、水田では畦畔沿いや、浅水管理の場合や中干し期間に発生しやすい。種子は、硬実種子を含むため発芽が不斉一で、また土中での寿命も長い。黒色の種子が玄米に混入すると除去が困難で、これを炊飯すると飯が黒色になるため問題となる。

写真をクリックすると拡大します

クサネム
閉じる

クサネムは高さ1.5mに達し、羽状複葉を互生して、淡黄色の蝶形葉を着け、花後節のある莢を着ける

クサネム
閉じる

クサネムの幼植物。子葉は硬く、第1葉からは羽状複葉となる


収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫