病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ヒルムシロ

Potamogeton distinctus
ヒルムシロ科

全国に分布し、普通に発生する。寒地、寒冷地や温暖地以西の標高の高い水田に多い。種子からの発生はごく少なく、直径3mmほどの黄色で線形の鱗茎(殖芽)から発生する。耕起後の湛水に伴って萌芽し、初めは膜質で縁の波打つ水中葉を出し、後に小判型の浮水葉を水面に浮かべる。湛水条件で地表下10~25cmの深さからも萌芽する。生育中でも長い茎が切断されて増殖する。手取り除草の主流であった時代には除去の困難な雑草であったが、トリアジン系除草剤などの普及に伴って全国的に減少した。施肥窒素量の増加も減少の一要因とされる。

写真をクリックすると拡大します

ヒルムシロ
閉じる

ヒルムシロは長い茎から多数の小判形の葉を水面に出し、群生する

ヒルムシロ
閉じる

ヒルムシロの萌芽。数枚の線形葉の後に縁の縮れたリボン状の水中葉を着け、次いで小判形の葉となる


収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫