病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ウリカワ

Sagittaria pygmaea
オモダカ科

全国に分布し、ごく普通に発生する。暖地から寒地、寒冷地に広がった。直径数mm、やや曲がった紡錘形の塊茎から萌芽する。塊茎は休眠性をほとんど持たず、畑水分条件では萌芽しない。湛水下では 地表下5cm以内から萌芽する。塊茎先端に複数の芽がある。幼植物は数枚の線形葉に次いで幅広い線形葉を出し、3~5葉期から白色の細い根茎を伸ばして多数の分株を作り、密生する。土中での塊茎の寿命は2年程度である。1970年代から全国的に発生面積が増加したが、ダイアゾール系などの除草剤の普及で防除が進み、現在では減少傾向にある。

写真をクリックすると拡大します

ウリカワ
閉じる

ウリカワは根茎で多数の分株を作り、群生する

ウリカワ
閉じる

塊茎の先端のくちばし状の部分には複数の芽がある

ウリカワ
閉じる

ウリカワの幼植物は数枚の線形葉の後にやや多肉な葉を出す


収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫