病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

マツバイ

Eleocharis auricularis var. longiseta
カヤツリグサ科

全国に分布し、ごく普通に発生する。殖芽からの栄養繁殖個体が防除の対象になる。殖芽は5℃から30℃程度までの温度条件で良好に萌芽する。数本の針状の葉を着けた後、葉とほぼ同形の花茎を出す。細い根茎を土中に横走させ、多数の分株を形成してマット状に密生する。イネを鎌で刈り取っていた時代には、密生したマツバイの上に刈り倒したイネを置くと汚れないなどの利点があったが、近年ではバインダーなどがスリップするという、イネの生育への影響以外の問題を起こすようになった。秋耕などでの土壌の乾燥が越冬芽の死滅を促す。

写真をクリックすると拡大します

マツバイ
閉じる

マツバイは細い根茎を伸ばしてマット状に群生する

マツバイ
閉じる

花期のマツバイ


収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫