病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

シズイ

Scirpus nipponicus
カヤツリグサ科

全国に分布し、主に東北地方以北に発生するが、中国地方や九州地方の標高の高い水田にも発生する。長径1cmほどの偏球形の塊茎から萌芽する。地表下5cm以内から萌芽する場合が多いが、20cmの土中からも萌芽可能であり、このため萌芽期間が長期に及ぶ。土中に横走する根茎で多数の分株を生じて群生し、初めの1個体から50~2000個の塊茎が作られる。スルホニルウレア系成分を含む一発処理剤で防除できるが、残った場合にはベンフレセートやベンタゾンなどを含む中期剤や後期剤を処理する。

写真をクリックすると拡大します

シズイ
閉じる

シズイは高さ90cmに達し、やや軟質の葉を着ける

シズイ
閉じる

シズイの塊茎。やや扁平で大きさと形には変異がある


収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫