病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

タイワンヤマイ

Scirpus wallichii
カヤツリグサ科

全国に分布し、東北地方に多く発生する。北海道では1980年頃に確認された。温暖地以西でも普通に発生するが、イヌホタルイなどと正確に識別されていない場合もある。水田では種子で繁殖する。出芽の適温は20~40℃でイヌホタルイよりやや広く、出芽深度はイヌホタルイよりやや浅い。幼植物の形態はイヌホタルイに酷似し、識別は困難であるが、胚軸基部に残る種子(そう果)がイヌホタルイのそれよりやや細い点で確認する。主要な除草剤に対するイヌホタルイとの感受性の差異は、実用的に問題にならない。

写真をクリックすると拡大します

タイワンヤマイ
閉じる

タイワンヤマイ(右)とイヌホタルイ(左)の種子(そう果)。タイワンヤマイでは刺毛が長い

タイワンヤマイ
閉じる

タイワンヤマイの小穂。細い紡錘形、鱗片は熟しても緑色

タイワンヤマイ
閉じる

タイワンヤマイは通常イヌホタルイより長い苞葉を着ける


収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫