病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

イヌホタルイ

Scirpus juncoides var. ohwianus
カヤツリグサ科

全国に分布し、ごく普通に発生する。温暖地以西では越冬株からも萌芽するが、通常種子から発生する。種子は深い休眠性を持ち、冬から春に低温などで覚醒する。15℃以上の湛水条件下で発芽する。地表下1~2cmから出芽する。発生位置の深い個体では生長点が除草剤の処理層の近くに達せず、除草剤の効果が変動することがある。土中での種子の寿命は10~20年。スルホニルウレア系除草剤に対する抵抗性生物型には、イヌホタルイに有効な成分を含む一発処理剤、または中・後期剤を処理する。

写真をクリックすると拡大します

イヌホタルイ
閉じる

イヌホタルイはやや角のある中空の茎の先端に数個の小穂を着け、茎の頂部には茎と同形の苞葉が着く

イヌホタルイ
閉じる

イヌホタルイ幼植物。葉は線形で3~4枚出る

イヌホタルイ
閉じる

イヌホタルイの小穂。丸みを帯びた紡錘形、鱗片は熟して黄褐色


収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫