病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

キシュウスズメノヒエ

Paspalum distichum
イネ科

北陸地方から関東地方北部以南に分布し、水田や湿った畑地に発生する。通常は、地表を横走する稈の節から萌芽する多年生雑草。水田内では耕起や代かきで切断された稈切片が増殖源となる。日平均気温10℃以上で萌芽を始める。湛水土中に埋没された稈からは萌芽できないので、ていねいな代かきは発生の抑制につながる。また、畦畔から横走する稈や、畦畔除草での稈切片の飛散でも水田内に侵入する。全体大型で葉身や葉鞘の白毛がより多い、変種のチクゴスズメノヒエもキシュウスズメノヒエとほぼ同じ範囲で発生する。「ヒエ剤」の中ではシハロホップブチルが効果を示す。

写真をクリックすると拡大します

キシュウスズメノヒエ
閉じる

キシュウスズメノヒエは横走する稈の節から根を出して広がり、二股状の穂を出す

キシュウスズメノヒエ
閉じる

変種のチクゴスズメノヒエは全体に白毛が多く、大型、より深い水深でも生育可能


収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫