病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

アシカキ

Leersia japonica
イネ科

北海道を除く全国に分布し、畦畔や水路に普通に見られ、しばしば水田に侵入する。根茎や株基部の越冬芽からの萌芽と切断された稈からの再生芽が防除上の主な問題となる。数mに及ぶ長い稈を伸ばし、節から発根して繁茂する。葉身、葉鞘とも著しくざらつく。土中に埋没された稈切片は萌芽できない。通常晩秋に出穂するため、水田内では穂を確認できないことが多い。このため、温暖地以西ではキシュウスズメノヒエと誤認されることがある。ベンゾビシクロンが効果を示すが、水田内で使用可能な有効除草剤が少ないため、畦畔からの侵入防止が必要である。

写真をクリックすると拡大します

アシカキ
閉じる

移植直後の水田に畦畔から侵入するアシカキ

アシカキ
閉じる

水田では晩秋に出穂するアシカキ。長い走出稈を出し、茎葉は著しくざらつく


収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫