病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

イネツトムシ[イチモンジセセリ]


写真をクリックすると拡大します

イネツトムシ[イチモンジセセリ]
閉じる

被害の目立つ株

イネツトムシ[イチモンジセセリ]
閉じる

数枚の葉を綴り合わせて苞(つと)をつくる

イネツトムシ[イチモンジセセリ]
閉じる

幼虫。写真下が頭部。終齢幼虫の体長は約40mm

イネツトムシ[イチモンジセセリ]
閉じる

成虫は体長約20mm、開長約35mm


イネツトムシ[イチモンジセセリ]

Parnara guttata

鱗翅目セセリチョウ科

被害

福島県太平洋岸地帯まで越冬可能で、その地域以南で被害が目立つ。多肥・晩期栽培、直播栽培で茎葉は軟化し被害が多い。ふ化幼虫は葉を筒状に丸め、成長すると夜間に食害する。また葉を数枚綴り苞(つと)をつくるのでイネツトムシと称す。8月中旬に全葉が食害されると約50%、半分が食われると約10%の減収になる。

生態

全国に分布し、年3~4回発生する。暖冬年は越冬幼虫が多く、夏の発生が多い。5月に成虫になり、早期稲に産卵する。発生予察はヒャクニチソウやアカツメクサ等の誘致花に集まる成虫を数えて行うが、最近は濃青色・香料誘引箱や黄色粘着板を利用した成虫捕獲が予察に利用されている。

防除

窒素少施肥や早植えで発生を回避する。8月上旬の株当たり若齢幼虫1~2頭が防除の目安。

薬剤(農薬)

育苗箱施用剤にはギャング、グランドオンコル、スピノエース、パディート、フェルテラ、プリンス、ワンリード。ほかの病害虫に有効な剤を含む混合剤が多数ある。
本田散布剤ではスミチオン、ダントツ、チューンアップ、ディアナ、トレボン、パダン、MR.ジョーカー、ランナー、ルーバン、ロムダン。※掲載している薬剤(農薬)は 2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫