病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

イネヨトウ[ダイメイチュウ]

Sesamia inferens
鱗翅目ヤガ科

写真をクリックすると拡大します

イネヨトウ[ダイメイチュウ]
閉じる

幼虫は茎内に食入する。体長26~31mm

イネヨトウ[ダイメイチュウ]
閉じる

成虫の体長は12~15mm。開長は27~30mm


被害

茎内に食入しニカメイチュウのように白穂を発生させる。水田周辺に多く、イネのほかムギ類、トウモロコシ等を加害する。

生態

本州中部以西に多い。成虫は5~9月に3回、北日本では2回発生する。幼虫が地際茎内で越冬する。春に蛹化し5月に羽化する。交尾後2~3日から葉鞘内側に卵塊を産む。雌は普通4~5卵塊、多くは15卵塊を産む。卵塊は30~60粒からなる。幼虫はニカメイチュウより太いのでダイメイチュウ、幼虫の体色からムラサキメイチュウと称する。

防除

ニカメイチュウを対象に薬剤防除した水田では発生数が少ない。

収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫