病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ツマグロヨコバイ

Nephotettix cincticeps
半翅目ヨコバイ科

写真をクリックすると拡大します

ツマグロヨコバイ
閉じる

止葉や穂にすす病が発生

ツマグロヨコバイ
閉じる

稔実不良になる

ツマグロヨコバイ
閉じる

雄成虫( 上) は翅端が黒色、雌は全体緑色。全体緑色の雄もいる。翅端まで雄約4.5mm。雌約5.5mm

ツマグロヨコバイ
閉じる

出穂期に多発する場合もある


被害

茎葉の吸汁害により黄変や株絶えとなるほか、東日本や北日本では止葉や穂にすす病が発生し稔実不良になる。萎縮病黄萎病、矮化病も媒介する。萎縮病は移植後に発生し次第に増加するが、出穂期以降は少ない。

生態

イネ科植物やレンゲ等で幼虫越冬。4月下旬から越冬世代成虫、6月下旬〜10月上旬に第1〜4世代が発生し、とくに8〜9月の高温で第3世代が多発する。成虫は葉鞘内に数〜十数粒の卵塊を産む。1雌産卵数は約100粒、卵期は約10日間、ふ化幼虫は約3週間で成虫になり、成虫寿命は約2週間。寄主植物はイネのほかアシ、スズメノテッポウ、イヌビエ等に多い。暖冬少雨条件は越冬に有利であり、また7月下旬〜8月上旬の高温で9月に多発する。風通しの悪い山沿い等に多発する。

防除

耐虫性品種には彩のかがやき等。春先の一斉防除が有効。出穂期の成・幼虫30頭/株が防除の目安となる。

薬剤(農薬)

育苗箱施用剤にはアクタラ、アドマイヤー、スタークル(アルバリン)、ダントツ、チェス、パディート、バリアード。ほかの病害虫に有効な剤を含む混合剤が多数ある。
本田散布剤にはアドマイヤー、アプロード、スタークル(アルバリン)、スミチオン、ダントツ、チェス、トレボン、ベストガード、マラソン、MR.ジョーカー等。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫