病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

トビイロウンカ

Nilaparvata lugens
半翅目ウンカ科

写真をクリックすると拡大します

トビイロウンカ
閉じる

坪枯れ

トビイロウンカ
閉じる

成・幼虫は株元に群れる

トビイロウンカ
閉じる

長翅型雌は体長約4.8mm。雄は約4mm

トビイロウンカ
閉じる

短翅型雌。短翅型は雌に多い。セジロウンカよりやや大きい


被害

成・幼虫が株元付近で吸汁加害する。被害は出穂後に目立ち、被害株は黄白色に枯死する。9月以降に最初丸く坪状に枯れ(坪枯れ)、のち周囲に広がり倒伏する。セジロウンカのようにイネが黒く汚れることはない。

生態

西日本に多いが、九州以北では越冬困難で、発生は毎年の飛来による。南西諸島や九州では5月、西日本は6月中旬〜7月中旬に飛来し、年3〜4回発生する。成虫寿命は約1か月で、葉鞘または中肋内に数〜20粒ずつ産み込む。総産卵数平均300〜700粒。7〜8日でふ化し、幼虫は株元に群れ2週間で成虫になる。少数の飛来でも世代を重ねて増加し、9〜10月に多発するので「秋ウンカ」という。発生はイネ属だけである。中国では北緯21度以南(1月平均気温16℃)で越冬。

防除

多発地では薬剤防除が必要。8月上旬の短翅型雌成虫0.3〜0.5頭/株が防除の目安。

薬剤(農薬)

育苗箱施用剤にはアクタラ、アドマイヤー、スタークル(アルバリン)、ダントツ、チェス、プリンス等。ほかの病害虫に有効な剤を含む混合剤が多数ある。
移植時側条施用剤にはアドマイヤー、スタークルを含む剤。
本田散布剤にはアドマイヤー、アプロード、エルサン、キラップ、スタークル(アルバリン)、スミチオン、ダントツ、チェス、トレボン、バッサ、ベストガード、マラソン、MR.ジョーカー等。

※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

農薬製品別作用機構分類表(編集部作成)
農薬製品名 有効成分 作用機構 サブグループ IRACコード※1 備考
アクタラ チアメトキサム ニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)アゴニスト ネオニコチノイド系 4A 育苗箱施用剤
アドマイヤー イミダクロプリド
スタークル(アルバリン) ジノテフラン
ダントツ クロチアニジン
チェス ピメトロジン 同翅目選択的摂食阻害剤 ピメトロジン 9B
プリンス フィプロニル GABA作動性塩素イオンチャネルアンタゴニスト フェニルピラゾール系 2B
スピノエース スピノサド ニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)亜ロステリックモジュレーター スピノシン系 5
フェルテラ クロラントラニリプロール リアノジン受容体モジュレーター ジアミド系 28
アドマイヤー イミダクロプリド ニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)アゴニスト ネオニコチノイド系 4A 本田散布剤
スタークル(アルバリン) ジノテフラン
ダントツ クロチアニジン
ベストガード ニテンピラム
バッサ BPMC アセチルコリンエステラーゼ(AChE)阻害剤 カーバーメート系 1A
スミチオン MEP アセチルコリンエステラーゼ(AChE)阻害剤 有機リン系 1B
マラソン マラソン
キラップ エチプロール GABA作動性塩素イオンチャネルアンタゴニスト フェニルピラゾール系 2B
トレボン エトフェンプロックス ナトリウムチャネルモジュレーター ピレスロイド系
ピレトリン系
3A
MR.ジョーカー シラフルオフェン
*印はIRACの作用機構分類表に当該有効成分が掲載されていないもの。
IRACコード「-」はFRAC作用機構分類に該当がないもの。
収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫