病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

セジロウンカ

Sogatella furcifera
半翅目ウンカ科

写真をクリックすると拡大します

セジロウンカ
閉じる

被害田。坪枯れにならずイネは黄変枯死する

セジロウンカ
閉じる

被害株。褐色の産卵痕、細い糸が見える

セジロウンカ
閉じる

幼虫

セジロウンカ
閉じる

長翅型雌は体長約4.5mm。雄は約4mm。頭部の前面に2本の黒条があり、突出する(↓部分、ヒメトビウンカとの識別点)。雌成虫に短翅型が発生する


被害

被害は茎葉からの吸汁や産卵時に葉鞘を割くことによる。被害田は坪枯れにならず一面が黄変枯死する。成・幼虫の排泄物で茎葉にすす病が発生し、虫の粘液により株元に細糸が生ずる。時に吸汁により葉鞘が変色腐敗し流れ葉が発生することがある。日本海側では9月上中旬に穂を加害し不稔粒や変色米を発生させる。

生態

南西諸島では5月に(第1回成虫)、西日本では6月中旬〜7月中旬(第2回成虫)、北日本では梅雨前線が北上する7月中下旬に飛来する。トビイロウンカより飛来量が多い。暖地で年3回、北日本で2回発生し、成虫寿命は約1か月、葉鞘内に数〜20粒を並べて産卵する。約10日でふ化。幼虫期は2週間。7月末〜8月に多発するので「夏ウンカ」という。多発年には6月末から7月初めに各地一斉に多飛来する。

防除

常発地では防除が必要。水田に侵入した次世代(7月下旬〜8月)成・幼虫の株当たり3〜5頭以上が防除の目安。

薬剤(農薬)

育苗箱施用剤にはアクタラ、アドマイヤー、スタークル(アルバリン)、ダントツ、チェス、プリンス等。ほかの病害虫に有効な剤を含む混合剤が多数ある。
移植時側条施用剤にはアドマイヤー、スタークルを含む剤。
本田散布剤にはアドマイヤー、アプロード、エルサン、キラップ、スタークル(アルバリン)、スミチオン、ダントツ、チェス、トレボン、バッサ、ベストガード、マラソン、MR.ジョーカー等。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫