病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

苗立枯細菌病

Burkholderia plantarii

写真をクリックすると拡大します

苗立枯細菌病
閉じる

育苗箱での発生のようす

苗立枯細菌病
閉じる

苗立枯細菌病の育苗箱での症状


被害

育苗箱で発生し、もみ枯細菌病菌による苗腐敗症に類似し容易に見分けることは困難である。第2、3 葉身の基部から白色化し、その後、苗は萎凋し始める。罹病苗は茶褐色になり枯死するが、苗の基部は腐敗しないため、もみ枯細菌病菌による苗腐敗症のように心葉は容易に引き抜けない。苗は腐敗せず、末期には赤茶けて枯死する。

発生

第一次伝染源は、前年度の罹病種子であり、浸種中の感染や育苗箱内での罹病籾(苗)からの二次感染で発病する。浸種や催芽、出芽時の温度が高いほど発病が激しく、加温育苗など育苗期間中の温度が高いと発病が助長される。

防除

採種圃産種子などの健全種子を利用し、塩水選と薬剤防除を徹底するとともに、高温下での育苗管理を避け給水にも注意する。

薬剤(農薬)

種子消毒剤は、銅を含むテクリードC、モミガードC、ヨネポンや化学農薬のスターナおよびそれを含む混合剤。また、エコホープやモミホープ、タフブロック等の生物農薬も有効である。
育苗箱で防除を行う場合は、カスミン、スタウトやルーチンなどイソチアニルを含む混合剤、あるいはフタバロンA の育苗箱施用が有効である。※掲載している薬剤(農薬)は 2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫