病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

稲こうじ病

Claviceps virens

写真をクリックすると拡大します

稲こうじ病
閉じる

発病初期の罹病穂

稲こうじ病
閉じる

典型的な罹病穂


被害

籾だけに発生する。乳熟期ころから内外穎が少し開き、そこから緑黄色の肉塊状の突起が現れ、徐々に肥大し緑黒色となり籾を包み込むようになる。この塊は成熟すると濃緑色から緑黒色となり、表面が粉状となって亀裂ができる。収穫期にはこの上に黒色の不正形の菌核が形成される。罹病穂では不稔粒が増加し稔実が悪くなり、千粒重低下など、減収につながる。また、罹病籾の混入は、品質低下の大きな原因となる。

発生

第一次伝染源は子のう胞子と分生子である。罹病籾に形成され地上に落下した菌核は翌年子実体を生じ、その中に形成された子のう胞子が穂ばらみ期に飛散して感染、発病する。罹病籾に形成された分生子も同様に穂ばらみ期に飛散して感染、発病する。穂ばらみ期から出穂期にかけての低温、日照不足、多雨は発生を助長する。また、窒素の多用や遅い窒素追肥によっても発生は助長される。

防除

本病の常発地では品種構成の見直しや、作期の移動によって感染好適期を回避できる栽培体系に切り替える。窒素過多は発生を助長するので適切な肥培管理を心がけ、薬剤による防除を行う。

薬剤(農薬)

アミスターエイト、イモチエース、イモチミン、ノンブラス、フジワン、ブラシン、モンガリット、ラテラ、ラブサイドべフランの散布。あるいは出穂前の撒粉ボルドー、Zボルドー等銅を含む薬剤の散布。なお、銅を含む薬剤を使用する場合は特に薬害に注意する。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫