病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

疑似紋枯症


主要な疑似紋枯症は、赤色菌核病、褐色紋枯病、褐色菌核病、灰色菌核病の4 つである。

写真をクリックすると拡大します

疑似紋枯症
閉じる

赤色菌核病病斑

疑似紋枯症
閉じる

赤色菌核病の葉での病斑

疑似紋枯症
閉じる

褐色紋枯病発病株

疑似紋枯症
閉じる

褐色紋枯病病斑

疑似紋枯症
閉じる

褐色菌核病発病株

疑似紋枯症
閉じる

褐色菌核病病斑

疑似紋枯症
閉じる

灰色菌核病病斑

疑似紋枯症
閉じる

灰色菌核病病斑上の菌核


赤色菌核病

Waitea circinata

被害

初期の病斑は紫褐色~黒褐色で下位葉鞘に形成される。葉鞘に1 ~2cm の長楕円形~紡錘形で、周縁濃緑色、中央部淡黄褐色の病斑を生じる。病斑周縁の褐色部分は紋枯病に比べ濃く黒ずみ、病斑の中央部は淡黄褐色で紋枯病と異なる。菌核は淡紅色~黄紅色で葉鞘組織内に多数形成される。

発生

第一次伝染源は前年度の被害わらや切り株に形成された菌糸や菌核で、侵入方法は紋枯病と同様と考えられる。生育適温は31℃と紋枯病より高く、発生は出穂期から登熟期と遅い。

防除

適正な肥培管理に努め、常発地では薬剤防除を行う。

薬剤(農薬)

イモチミン、エバーゴル、バシタック、バリダシン、モンカット、モンガリット、リンバー。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

褐色紋枯病

Thanatephorus cucumeris

被害

葉鞘に発生した病斑は紋枯病と見分けにくいが、出穂期頃になると暗褐色で大型の病斑となり、紋枯病と見分けられる。紋枯病に比べ、病斑周縁の暗褐色部分が広いため、病斑が黒ずんで見える。病斑上に菌核は形成されない。

発生

発病環境は紋枯病に類似すると考えられるが、発生時期は紋枯病よりやや遅い。

防除

適正な肥培管理に努め、常発地では薬剤防除を行う。

薬剤(農薬)

イモチミン、エバーゴル、バシタック、バリダシン、モンカット、モンガリット。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

褐色菌核病

Ceratobasidium setariae

被害

本病は、登熟期近くになって葉鞘や稈に発生する。葉鞘では褐色楕円形の病斑が多数現れ、融合して不正形となることがあるが、病斑は紋枯病に比べ小さい。病斑の中央部は淡褐色で周縁の褐色部の境界が紋枯病のように明瞭ではない。稈が侵されると暗褐変して枯死する。病斑は紋枯病などに比べ、低い位置に形成される。

発生

第一次伝染源は刈り株、罹病わら中の菌核あるいは菌糸である。登熟後期になって急速に目立つようになる。

防除

適正な肥培管理に努め、常発地では薬剤防除を行う。

薬剤(農薬)

イモチミン、バシタック、バリダシン、モンカット、モンガリット、リンバー。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

灰色菌核病

Ceratobasidium cornigerum(Sclerotium fumigatum)

被害

登熟期後期近くになって葉鞘に発生する。病斑は不鮮明で葉鞘全体がわら色または帯紅淡褐色に変色する。葉鞘表面や組織内に灰色から灰褐色の球形ないし楕円形の菌核を形成する。

発生

第一次伝染源は刈り株、罹病わらとともに土壌中に埋まった菌核や菌糸と考えられ、台風などで傷ついたイネや登熟後期の活力の衰えたイネに侵入・感染する。

防除

適正な肥培管理に努める。本病のみを対象とした薬剤防除は不要である。

薬剤(農薬)

紋枯病との同時防除として、イモチミン、モンガリットを施用する。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫