病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

稲の病害虫と雑草

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ホソバヒメミソハギ

Ammannia coccinea
ミソハギ科

熱帯アメリカ原産の一年生の帰化植物。1952年に長崎県佐世保市で見いだされて以降、暖地・温暖地の水田や水湿地で分布を拡大し、関東地方北部および北陸地方北部より南西の水田では水田雑草としては在来種のヒメミソハギに代わって普通に発生するようになった。
幼植物では、やや厚みのある三角形からひし形の子葉が生育に伴って拡大し、本葉は対生して節間が伸長するという特徴がある。茎は断面が四角で直立して硬化し、小型の個体では枝を出さないことがあるものの、通常はまばらに分岐して高さ1mほどになり、出穂前のイネをしのぐように大きく生育することがある。葉は全縁の広線形で対生し、基部は耳状に茎を抱く。夏から秋にかけて、淡紅紫色の4弁でごく短い柄を持つ花が葉腋に1~6個着く。果実は直径3~5mmの球形、小さな種子を多数含む。葉は晩秋には紅葉する。
湛水条件下あるいは湿潤条件下でよく発生するため、畦畔沿いや水面から露出した田面や除草剤の残効が不十分な場合に繁茂することが多い。除草剤に対する反応は、ヒメミソハギと同様と考えられる。
ヒメミソハギ属の水田雑草には、減少傾向にあるもののほぼ全国に発生する在来種のヒメミソハギと、帰化種でホソバヒメミソハギと同様の地方に分布するナンゴクヒメミソハギ(アメリカミソハギ)などがあり、幼植物での区別は難しいが、茎の稜、茎に着く葉の基部、花弁の大きさと色、花柄の長さ、果実の形などの形質で識別できる。

写真をクリックすると拡大します

ホソバヒメミソハギ
閉じる

出穂前のイネ株の間に生育するホソバヒメミソハギ ©森田弘彦

ホソバヒメミソハギ
閉じる

芽生え。子葉は三角形~ひし形で徐々に大きくなり、本葉は対生、節間は伸長 ©森田弘彦

ホソバヒメミソハギ
閉じる

花は淡紅紫色の4枚の花弁で、ごく短い柄で葉腋につく ©森田弘彦

ホソバヒメミソハギ
閉じる

果実は直径3~5mmの球形、頂部を残してがく筒に包まれ、柄はごく短い ©森田弘彦

ホソバヒメミソハギ
閉じる

長さ約0.4mmの微小な種子を含む果実の断面 ©森田弘彦

ホソバヒメミソハギ
閉じる

圃場の中のホソバヒメミソハギ(左)とヒメミソハギ(右)。葉の形が異なる ©森田弘彦

ホソバヒメミソハギ
閉じる

圃場で混生するホソバヒメミソハギ(中央奥)とナンゴクヒメミソハギ(右手前) ©森田弘彦

ホソバヒメミソハギ
閉じる

花期の葉。左からヒメミソハギ、ホソバヒメミソハギ、ナンゴクヒメミソハギ ©森田弘彦


収録:防除ハンドブック「 稲の病害虫と雑草

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草