病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

花の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

コガネムシ類


コウチュウ目コガネムシ科

成虫が食葉加害し、幼虫は地中で食害して成育する。

写真をクリックすると拡大します

コガネムシ類
閉じる

マメコガネ幼虫(エダマメ)

コガネムシ類
閉じる

交尾中のマメコガネ成虫(体長9〜13mm、ナス)

コガネムシ類
閉じる

セマダラコガネ成虫(体長8〜13mm)

コガネムシ類
閉じる

アオドウガネ成虫(体長20mm、レザーファン)

コガネムシ類
閉じる

コイチャコガネ成虫(体長10mm)と食害痕(バラ)

コガネムシ類
閉じる

ヒメコガネ成虫(体長13〜16mm)


防除

成虫の飛来防止、捕殺。

薬剤(農薬)

根を食害する幼虫の防除:アクタラ、ダイアジノン、フォース等(ツツジ)、オルトラン(宿根スターチス)。成虫の防除:スミチオン(スターチス)。※掲載している薬剤(農薬)は2015年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

マメコガネ

Popillia japonica

成虫は緑色に赤い上翅を持つ。

被害作物

幼虫は芝草等イネ科草本の根を食害。成虫はきわめて広食性で、様々な植物の葉を食害する。

発生

年1回の発生で成虫は6月〜8月に出現する。

セマダラコガネ

Blitopertha orientalis

成虫は黒褐〜茶褐色で背面の斑紋は変異に富む。幼虫は25mmほどになる。

被害作物

成虫は各種広葉樹、花卉類の葉や花を食害する。

アオドウガネ

Anomala albopilosa

成虫は鮮緑色。

被害作物

成・幼虫ともきわめて広食性。

コイチャコガネ

Adoretus tenuimaculatus

成虫は黄褐色。

被害作物

成虫は果樹の害虫として著名、春先にバラの葉を食害することが多い。

ヒメコガネ

Anomala rufocuprea

成虫は緑〜銅赤色〜青色と色彩変異が大きい。

被害作物

成虫は多種の葉を食害。幼虫は芝草の根を食害。

収録:防除ハンドブック「 花の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫