病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

花の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

フタトガリコヤガ

Xanthodes transversus
チョウ(鱗翅)目ヤガ科

幼虫の色彩は2型あり通常の黒紋型と赤紋型があり、黒門型は鮮緑色の地色に黄色の背線と顕著な黒紋を持つ。若齢~中齢期の幼虫は淡緑色。

写真をクリックすると拡大します

フタトガリコヤガ
閉じる

中齢幼虫(フヨウ)

フタトガリコヤガ
閉じる

老齢幼虫(体長約40mm、フヨウ)


被害

幼虫が葉や花弁を食害する。幼虫は葉表にいることが多いが、葉を筒状に巻いてその中に潜むこともある。

被害作物

アオイ科のフヨウ、ムクゲ、ハイビスカス等。

発生

老熟幼虫が土中で越冬し、年2回の発生を繰り返す。7月、10月頃の幼虫による被害が目立つ。

防除

幼虫を見つけしだい取り去る。

収録:防除ハンドブック「 花の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫