病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

花の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

クロモンキノメイガ

Udea testacea
チョウ(鱗翅)目メイガ科

幼虫の胴部は透き通り、餌で色が変わる。

写真をクリックすると拡大します

クロモンキノメイガ
閉じる

幼虫(体長約14mm、ビオラ)

クロモンキノメイガ
閉じる

成虫(開張約18mm)


被害

葉裏から幼虫が食害する。糸を出して葉を折りたたむようにして潜みながら食害することが多い。丸めた葉の中で蛹化する。

被害作物

広食性でアブラナ、セリ、マメ、スミレ、キク科等各種花卉類(マリーゴールド、ビオラ等)。

発生

多発することはないが、成虫は早春~晩秋まで見られる。

防除

防虫網等で成虫の侵入を防止する。幼虫の発生初期に葉ごと取り去る。

収録:防除ハンドブック「 花の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫