病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

花の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

アズキノメイガ

Ostrinia scapulalis
チョウ(鱗翅)目メイガ科

幼虫は全体淡黄褐色、胴部が肥大する。一時フキノメイガと呼ばれていた。近縁にフキノメイガ、ゴボウノメイガがいる。

写真をクリックすると拡大します

アズキノメイガ
閉じる

幼虫(体長約20mm)と被害(タデ)

アズキノメイガ
閉じる

成虫(開張約30mm)


被害

幼虫が葉柄の基部から茎に食入する。食入した茎の中で蛹化することが多い。ダリア等では食害部から折れることもある。食入部より上の部分は萎れて枯れる。

被害作物

キク科、ナス科、ショウガ科、マメ科、アオイ科等多種。

発生

暖地では年3回発生する。

防除

食害部から虫糞が出るので、幼虫の発生初期につぶしたり、切除し処分する。

収録:防除ハンドブック「 花の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫