病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

花の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ハバチ類


ハチ(膜翅)目ミフシハバチ科

幼虫がチョウやガに似るが、腹脚が多いこと、後部を持ち上げる特徴的な行動でハバチとわかる。

写真をクリックすると拡大します

ハバチ類
閉じる

アカスジチュウレンジハバチ幼虫(モッコウバラ)

ハバチ類
閉じる

アカスジチュウレンジハバチ雌成虫(体長約8mm)の産卵、産卵部位上部の産卵痕(バラ)

ハバチ類
閉じる

ルリチュウレンジ成虫(体長約9mm)

ハバチ類
閉じる

ルリチュウレンジ産卵痕と孵化した幼虫(ツツジ)


アカスジチュウレンジハバチ

Arge nigrinodosa

チュウレンジハバチ

A.pagana

成虫の腹部はオレンジ色で胸部の色彩には変異があるがチュウレンジハバチは黒い。

被害作物

バラ。

被害

幼虫が食葉、成虫が茎に縦に傷を付けながら産卵する。その裂け目から病害が発生することもある。

発生

土中で越冬した幼虫が4月下旬頃から成虫となり、30〜40卵を産み込む。年3〜4回の発生がみられる。

防除

産卵中の成虫は逃げないので捕殺する。幼虫は発生初期の集団で食害しているときに葉ごと処分する。

薬剤(農薬)

オルトラン、サンヨール、プリンス、マツグリーン2等(作物ごとに登録を確認する) 。※掲載している薬剤(農薬)は2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

ルリチュウレンジ

Arge similes

被害

幼虫が群棲し、葉を食害する。全体青藍色、光沢がある。翅は黒色で半透明。幼虫の頭部は黒褐色、腹部は黄緑色。

被害作物

ツツジ。

発生

5月頃から年3回発生する。ツツジの葉縁から組織内に産卵管を刺して産卵する。孵化した幼虫は1列に並んで食害するが、徐々に分散する。土中の繭内で蛹となり、越冬する。

防除

発生初期は集団で食害しているので葉ごと処分する。

収録:防除ハンドブック「 花の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫