病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

花の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ハダニ類(1)


ダニ目ハダニ科

カンザワハダニ

Tetranychus kanzawai

ナミハダニ

T. urticae

アシノワハダニ

T. ludeni

カンザワハダニ雌成虫は暗赤色、暗色斑がある。ナミハダニ(黄緑型)雌成虫は淡黄〜淡黄緑色、大型の黒色〜暗緑色斑を体側に持つ。ナミハダニ(赤色型)は常に赤色。

写真をクリックすると拡大します

ハダニ類(1)
閉じる

カンザワハダニ雌成虫(体長約0.5mm)と卵(アサガオ)

ハダニ類(1)
閉じる

カンザワハダニの被害・巣網(セージ)

ハダニ類(1)
閉じる

ナミハダニの被害・巣網(ビオラ)

ハダニ類(1)
閉じる

ナミハダニ(黄緑型)雌成虫(体長約0.6mm)

ハダニ類(1)
閉じる

ナミハダニ(赤色型)雌成虫(体長約0.6mm)

ハダニ類(1)
閉じる

アシノワハダニ雌成虫(体長約0.5mm、スペアミント)


被害

ハダニ類は葉、茎、花に寄生し、汁液を吸収する。生育に影響したり、葉や花にカスリ状の小斑点を生じ美観を損なう。

被害作物

バラ、キク、アサガオ、マリーゴールド、ホウセンカ、ビオラ、コスモス等、きわめて多種。

発生

繁殖は旺盛で年間10数世代を繰り返し、乾燥する施設内では特に多発しやすい。卵から成虫になるまでの期問は短い場合で約7日、短期間で高密度になることがある。多発状態になると幼ダニが分散するために糸を吐くので、被害株全体が霞を張ったように糸の巣網で覆われる。

防除

下葉の葉裏にいることが多く、かすれ症状等の初期の発生兆候に注意する。多発してからの防除は難しい。好条件は高温乾燥で、周囲の雑草や放置した草花等が発生源となる。

薬剤(農薬)

薬剤抵抗性が発達しやすいので同一系統の薬剤を連続使用しない。カネマイト、コテツ、サンマイト、ダニサラバ、ダニトロン、粘着くん、バロック、マラソン等(作物ごとに登録を確認する)。※掲載している薬剤(農薬)は2015年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 花の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫