病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

花の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

サクラ胴枯病

Valsa ambiens

写真をクリックすると拡大します

サクラ胴枯病
閉じる

患部から上が枯れる

サクラ胴枯病
閉じる

患部は内部が腐敗して凹む


被害

幹や枝の樹皮の一部が少し膨らみ、のち内部が腐敗して凹む。樹皮に灰白色の小さな粒々ができる。患部から上方が枯死する。

発生

6~8月頃に患部表面に粒々ができ、湿潤時に巻ひげのような菌体が出てくる。剪定痕や傷害部から発病しやすい。

防除

幼木は防風対策を行う。できるだけ剪定しない。

収録:防除ハンドブック「 花の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫