病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

花の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

トルコギキョウ根腐病

Pythium irregulare、P. spinosum

写真をクリックすると拡大します

トルコギキョウ根腐病
閉じる

茎葉が萎れ、枯死する

トルコギキョウ根腐病
閉じる

罹病株では根の先端部が褐変、腐敗している


被害

早い時期に発病すると伸育しない。中位葉から下位葉が萎れ、やがて株枯れを起こす。とくに採花期近くには水分の吸い上げと蒸散のバランスが悪くなり、被害が目立つ。罹病株では細根の先端が褐変、腐敗し、のち腐敗部は溶けるように消失してしまう。

発生

育苗期から採花期まで発生する。腐敗した根や土壌中に病原菌が生存している。土壌水分が多いと発病しやすい。

防除

病株は抜き取る。連作をしない。

収録:防除ハンドブック「 花の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫