病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

花の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

炭疽病

Glomerella spp.(Colletotrichum spp.)

写真をクリックすると拡大します

炭疽病
閉じる

コスモス:花に染みのような斑点ができ、枯れる

炭疽病
閉じる

シクラメン:花蕾と花柄が枯死する

炭疽病
閉じる

ギボウシ:病斑は破れ、虫食いのように見える

炭疽病
閉じる

トルコギキョウ:茎の病斑に胞子の塊を形成し、茎枯れを起こす

炭疽病
閉じる

アジサイ:葉に多数の小さな円斑を生じる


被害

植物により症状が異なるが、葉では円形、楕円形、不整形の病斑を形成したり、縁から枯れるように広がる。急激な日焼け、擦れ、昆虫の食害痕から発病することも多い。茎や枝では紡錘形、楕円形の斑点を生じ、拡大すると、茎枯れや枝枯れを起こす。花蕾や花弁では染みのような斑点を生じ、広がると枯れる。果実にも発生する。病斑上には微細な黒点が多数形成され、湿度が高いと桃色や橙色の菌体(胞子の塊)が押し出され、肉眼でも確認できる。

被害作物

花:アネモネ、エビネ、ギボウシ類、コスモス、シクラメン、トルコギキョウ、洋ラン類等。花木:アオキ、アジサイ、ウメ、サザンカ等。他に野菜、果樹等、多くの植物に発生する。

発生

病原菌は植物の病斑に胞子や菌糸の状態で越冬できる。また、花木や果樹では症状を現わさないで内部に感染していることもある。栄養繁殖するものでは親株から子株へ伝染する。胞子は雨滴や灌水の飛沫とともに飛散する。炭疽病菌の中には多くの植物に感染する種類がある。

防除

灌水は株元に行い、植物を濡らさないようにする。梅雨時など発病しやすい時期は、可能ならば室内で管理するか、雨よけをする。罹病した葉や茎葉は切除する。

薬剤(農薬)

キクにジマンダイセン等。シクラメンにキノンドー、ジマンダイセン、ヘルシード。トルコギキョウにジマンダイセン。樹木類にトップジンM、ベルクート、ペンコゼブ、ベンレート等。※掲載している薬剤(農薬)は2015年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。
薬剤の登録情報についてはこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)
農薬登録に短期曝露評価が導入されました。登録内容の変更にご注意ください。
(急性参照用量・ARfD 関連)⇒【特集記事へ

収録:防除ハンドブック「 花の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫