病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

花の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

白紋羽病

Rosellinia necatrix

写真をクリックすると拡大します

白紋羽病
閉じる

ボタン:萎れて、枯死する

白紋羽病
閉じる

ボタン:地際部に白いカビが張り付く

白紋羽病
閉じる

ハナミズキ:葉が淡色で小さく、萎れる

白紋羽病
閉じる

ムクゲ:隣接株へ伝染し、次々と黄化して、枯れる

白紋羽病
閉じる

罹病部の表皮を剥ぐと、糸状のカビが鳥の羽のように張り付いている


被害

初めのうちは晴天時に葉や新梢が萎れ、雨天の日や夜は回復する。やがて株全体が生気を失い、萎凋が回復せず、落葉し、新出葉が少なくなり、ついには枯死する。葉は小さくなり、色も淡くなることが多い。苗木が罹病すると生育が遅延し、株枯れも早い。根や茎・幹の地際部の表面に白い木綿糸状のカビが膜のように被う。表皮をはぐと白いカビが鳥の羽のように張り付いているのが見られる。

被害作物

多くの樹木に発生し、花では宿根草等が被害を受ける。花:キク、シャクヤク、スイセン、バラ、ボタン等。花木:ウツギ、ウメ、カイドウ、クチナシ、コデマリ、コブシ、サクラ類、ジンチョウゲ、ツツジ類、ツバキ、ハナミズキ、ピラカンサ、ボケ、ムクゲ、ライラック等。

発生

一度発生すると病原菌は土壌中の罹病根や未熟な有機物に長期間生存する。菌糸が健全根と接触して伝染していく。水がたまる場所に発生しやすい。

防除

水がたまらないように排水の溝を掘り、また土壌を改良して水はけをよくする。生垣では罹病株と健全株の間を溝や波板で遮断して応急的に伝染を防いだ事例がある。罹病株を処分する際には根を残さないようにする。苗が罹病しているのに気づかずに植栽し、後に発病、枯死することがあるので、植栽する株が健全であることを確認する。

収録:防除ハンドブック「 花の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  花の病害虫 | 
難防除雑草 |  ブドウの病害虫