病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

花の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

半身萎凋病

Verticillium dahliae

写真をクリックすると拡大します

半身萎凋病
閉じる

オミナエシ:葉が萎凋、褐変する

半身萎凋病
閉じる

キキョウ:葉の縁や半身に黄変~褐変が見られる

半身萎凋病
閉じる

ガーベラ:葉が萎れ、株が枯れる

半身萎凋病
閉じる

ガーベラ:茎の導管部が褐変している

半身萎凋病
閉じる

コスモス:下葉が黄化する

半身萎凋病
閉じる

キク:葉が萎れ、黄化褐変する


被害

植物により症状が異なるが、ふつうは初め下葉の葉脈の間や葉縁が乾燥気味になり、退色、黄化する。しだいに枝葉が萎れ、褐変する。このような症状は葉身の片側や株の半身に現われることが多い。やがて株全体の生育が抑えられ、萎凋、落葉し、新葉の発生や伸長も抑制されるので着葉がまばらになる。新葉が細くなったり、小葉が多数発生することもある。罹病株の地際部の茎、下方の葉柄や根を切断すると維管束の導管部は淡い褐色に変色している。ガーベラ等では導管部の変色がはっきりしている。ついには株全体が枯死する。

被害作物

花:オミナエシ、ガーベラ、キキョウ、キク、キンセンカ、コスモス、ストック、バラ、ベニバナ、ホオズキ、リアトリス、ルドベキア、ルリタマアザミ等。

発生

露地では初夏~梅雨期と初秋に発病し、まん延する。土壌中に残っている罹病植物の根や茎の組織内に病原菌が長い間生存してこれが伝染源となる。病原菌はナスやトマト等の野菜にも半身萎凋病を起こす。したがって野菜で本病が発生したあとに草花を植えると発病しやすい。また、施設ではキク栽培の後作にガーベラを植えると被害がでることがある。根が線虫や害虫に加害された傷あとから病原菌が感染しやすい。

防除

発病する植物を連作しない。発病株は早めに抜き取る。発病跡地は土壌消毒する。土壌消毒剤の使用にあたっては、必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従う。

薬剤(農薬)

土壌消毒剤のガスタード、バスアミドが花き・観葉植物で作物群登録されている。取り扱いに注意する。※掲載している薬剤(農薬)は 2018年1月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 花の病害虫

目次へ戻る | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カキの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カンキツの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草