病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

ブドウの病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

褐斑病(かっぱんびょう)

Pseudocercospora vitis
≪病原≫糸状菌  ≪発病≫葉

写真をクリックすると拡大します

褐斑病(かっぱんびょう)
閉じる

葉の多角形病斑 ©近藤賢一

褐斑病(かっぱんびょう)
閉じる

葉の多角形病斑 ©近藤賢一

褐斑病(かっぱんびょう)
閉じる

円形の褐色病斑(黒色の同心輪紋を形成)  ©近藤賢一

褐斑病(かっぱんびょう)
閉じる

病斑上のかび ©近藤賢一


被害

黒褐色で大きさ数mm程度の多角形病斑を形成し、のちに中央部に黒色の輪紋を伴う円形~楕円形の褐色病斑を形成する。多湿時には病斑上に淡黒色のかびを生じる。露地栽培では6月頃から、施設栽培ではそれより早い時期から発生がみられる。多発した場合には早期落葉を引き起こし、果実の着色不良や減収をまねくとともに、結果母枝が登熟不良となって翌年の萌芽が遅延することもある。

発生

発生は新梢基部の成葉からはじまり、次第に上位葉に広がっていく。
一般に米国系品種は罹病性で、「キャンベル・アーリー」は特に罹りやすく、「巨峰」、「デラウェア」、「ナイアガラ」、「ネオマスカット」も発生が多い。「マスカット・ベーリーA」や「甲州」では発生が比較的少ない。近年は施設栽培の「巨峰」で発生が多い。
病原菌は被害落葉や結果母枝、幹の粗皮で越冬して、翌春、胞子(分生胞子と呼ぶ)を形成して第一次伝染源となる。胞子は環境耐久性が高く、結果母枝や巻きひげの表面に付着して翌年の伝染源になる場合もある。胞子は開花直前頃から風雨によって飛散し、葉の裏面の気孔から感染する。病斑上には胞子を形成して、二次伝染を繰り返す。

防除

冬期間に園内外の落葉処理を徹底する。
樹勢が低下した樹で発病しやすいため、適正な栽培、肥培管理により適樹勢を維持する。
薬剤防除は発芽前の休眠期防除が重要で、枝幹を洗うように十分量をむらなく散布する。防除に先立ち粗皮はぎを行うと防除効果が高まる。生育期の防除は発生前~初期の防除を心がけ、定期的に散布間隔をあけずに行う。発生園では収穫後も防除を行う。施設栽培では、生育期防除を早期に切り上げると発生が助長されるので防除終了時期に注意する。

薬剤(農薬)

休眠期防除ではベフランを散布する。生育期防除では、オーソサイド、オンリーワン、ジマンダイセン、フルーツセイバー、ベンゾイミダゾール系剤(トップジンM、ベンレート)、QoI剤(アミスター1100、ストロビーなど)などを散布する。なお、ベンゾイミダゾール系剤やQoI剤に対する薬剤耐性菌が既に出現しているので、これらの薬剤の使用にあたっては注意する。※掲載している薬剤(農薬)は 2016年10月末現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 ブドウの病害虫

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草