病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

ハンドブック ムギ類の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

ムギドロオイムシ(ムギクビボソハムシ)

Oulema erichsoni
コウチュウ(甲虫、鞘翅)目ハムシ科 《加害》葉

写真をクリックすると拡大します

ムギドロオイムシ(ムギクビボソハムシ)
閉じる

卵 ©岩崎暁生

ムギドロオイムシ(ムギクビボソハムシ)
閉じる

幼虫 ©上堀孝之

ムギドロオイムシ(ムギクビボソハムシ)
閉じる

成虫 ©上堀孝之

ムギドロオイムシ(ムギクビボソハムシ)
閉じる

被害 ©岩崎暁生

ムギドロオイムシ(ムギクビボソハムシ)
閉じる

ムギ葉の被害 ©平井一男


被害

幼虫が葉の上面を舐め取るように食害するため、葉には線状〜面的な跡が残る。食害部は枯死するため、被害葉はこの部分から乾燥して萎縮する。

被害作物

コムギ、イネ科牧草。

発生

全国に分布、年1回の発生で、幼虫は6月下旬~7月中旬の期間に加害する。幼虫は約1か月で成虫になり葉を食害する。その後草地に移り、越冬する。発生頻度は高くなく、山林に近接した圃場などで散発的に発生が見られる程度である。成虫は体長4.3~4.8㎜、卵は長径約1㎜の長卵形鮮黄色で光沢があり、葉の基部に卵塊として産付される。成熟幼虫は約5㎜、緑黒色の糞を背負うので、ムギドロオイムシと呼ばれる。蛹は白い繭の中にあり、黄色紡錘形で約4㎜。成虫、蛹、幼虫、卵の形状、サイズ等はイネドロオイムシ(イネクビボソハムシ)に似ている。

防除

被害の発生自体が散発的であることや、発生しても収量に対する影響が懸念されるような多発の可能性が少ないので、防除の必要性は低い。

薬剤(農薬)

本種に対する登録薬剤はない。(岩崎暁生、平井一男)※掲載している薬剤(農薬)は 2017年4月現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

収録:防除ハンドブック「 」

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草