病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

ハンドブック ムギ類の病害虫

診断のための特徴的な写真を掲載し、被害、発生、防除、薬剤(農薬)について簡潔に解説しています。

カメムシ類

《加害》穂

写真をクリックすると拡大します

カメムシ類
閉じる

ブチヒゲカメムシ ©平井一男

カメムシ類
閉じる

ヒゲナガカメムシ ©平井一男

カメムシ類
閉じる

ウズラカメムシ ©平井一男

カメムシ類
閉じる

アカヒゲホソミドリカスミカメ幼虫 ©岩崎暁生

カメムシ類
閉じる

アカヒゲホソミドリカスミカメ成虫 ©岩崎暁生


被害

ムギ類にはブチヒゲカメムシ、ウズラカメムシ、ヒゲナガカメムシ、アカヒゲホソミドリカメムシなどが発生する。いずれの被害も大きくない。アカヒゲホソミドリカスミカメは、出穂〜収穫前まで高密度に生息し、第2世代幼虫、成虫による吸汁加害が主体である。未熟な時期に加害されると、子実全体が萎縮し、側部が波状を呈して深く陥没するなど、粒重が大きく減少する。春まきコムギ(春コムギ)で被害粒の発生率が高く症状も重い。イネでの加害と同様に、裂開した内、外穎鉤合部から加害するため、被害斑は主に子実の側部に形成される。

被害作物

ムギ類、イネ、トウモロコシ、イネ科牧草。

防除

被害の発生自体が散発的であることや、発生しても収量に対する影響が懸念されるような多発の可能性は少ないので、防除の必要性は低い。

薬剤(農薬)

本種に対する登録薬剤はない。※掲載している薬剤(農薬)は 2017年4月現在登録のあるものから抜粋しています。
農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。


■農薬の登録情報について
最新の登録情報はこちらのページをご確認ください。(FAMIC:外部サイト)

■農薬の作用機構分類(国内農薬・概要)について
薬剤抵抗性の発達を回避するため、同一系統薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がけてください。

農薬の系統別分類はこちら
(国際団体CropLife International (CLI) の対策委員会が取りまとめた殺虫剤、殺菌剤、除草剤の分類表を農薬工業会が日本語に翻訳:外部サイト)

・殺虫剤(IRAC、2016年4月版 ver.8.1) *PDFデータ

・殺菌剤(FRAC、2017年4月版) *PDFデータ

・除草剤(HRAC、 2016年9月版 *Excelデータ

※実際の薬剤抵抗性対策については、お近くの病害虫防除所等関係機関などの指導に従ってください。

ブチヒゲカメムシ

Dolycoris baccarum

カメムシ(半翅)目カメムシ科

発生

成虫越冬、全国に発生する。成虫の大きさは約15㎜、触角が白と黒のブチなので名づけられた。

ウズラカメムシ

Aelia fieberi

カメムシ(半翅)目カメムシ科

発生

本州以南の低地に分布、成虫は大きさ8~10㎜。暗褐色で淡黄褐色の縦縞模様があるカメムシ。頭部は細長い三角形状でウズラのように尖っているので名づけられた。

ヒゲナガカメムシ

Pachygrontha antennata

カメムシ(半翅)目ナガカメムシ科

発生

本州以南に分布、発生時期は4~10月、穂上で吸汁しているので目立つ。成虫の大きさは約8㎜、触角が長く黒褐色で太い前脚をもつ細長いカメムシ。

アカヒゲホソミドリカスミカメ

Trigonotylus caelestialium

カメムシ(半翅)目カスミカメムシ科

発生

北海道では、イネ科植物の葉鞘内部にて卵態で越冬し、5月ころにふ化する。以降、成虫は6月中~下旬に1回目、7月中旬~8月上旬に2回目成虫が出現する。北海道では、出穂後のコムギ畑で密度が高まる。高温や少雨条件で発生が増える。(岩崎暁生、平井一男)

収録:防除ハンドブック「 」

目次へ戻る  | ホームへ戻る

稲の病害虫と雑草 |  ムギ類の病害虫 |  豆類の病害虫 |  ジャガイモの病害虫 |  サツマイモの病害虫 | 
アブラナ科野菜の病害虫 |  トマト・ナス・ピーマンの病害虫 |  キュウリ・スイカ・メロンの病害虫 | 
イチゴの病害虫 |  ネギ類の病害虫 |  菜園の病害虫 |  カンキツの病害虫 |  リンゴの病害虫 | 
日本ナシの病害虫 |  西洋ナシの病害虫 |   カキの病害虫 |  ブドウの病害虫 | 
花の病害虫 |  難防除雑草