病害虫・雑草の情報基地

新規会員登録

防除ハンドブック(表紙画像)

防除ハンドブック

日本植物病害大事典(表紙画像)

日本植物病害大事典

日本農業害虫事典(表紙画像)

日本農業害虫事典

ミニ雑草図鑑(表紙画像)

ミニ雑草図鑑

防除ハンドブック トマト・ナス・ピーマンの病害虫

防除ハンドブック トマト・ナス・ピーマンの病害虫(表紙画像)

防除ハンドブックシリーズは、診断と防除を目的とした実用的な内容で、技術者や農家など、防除の現場での使いやすさを追求したコンパクトなシリーズです。最新の防除薬剤も紹介しています。

本書は、トマト・ナス・ピーマンにふつうに発生する病害虫をとりあげました。病害は41種(トマト:22種、ナス:11種、ピーマン:9種)、害虫は43種を掲載。本格的なトマト・ナス・ピーマン作りを応援します。

写真

特徴をとらえた鮮明な写真約290点で、病気の症状や害虫の生態・被害などがよくわかります。

解説

「被害」「被害作物」「発生」「防除」「薬剤」の項目を立て、病気や害虫の診断・対策が的確にできるよう、わかりやすく解説しています。防除については、耕種的防除法のほか、最新の情報に基づいた病害虫防除薬剤を具体的な商品名で表記しました。

トマト・ナス・ピーマンの病害虫と雑草目次

病害 害虫

前付

はじめに

トマト・ナス・ピーマンにはさまざまな病害虫が発生し初期発生を見逃すと株絶えすることがあります。定植直後には若苗や新芽に発生するアブラムシやコナジラミが目立ち、その後はハダニやコナダニ類、ヨトウムシ類、テントウムシダマシ、カメムシ類、ネコブセンチュウ類、病害では青枯病等を代表とする立枯症状等が発生します。収穫近くにはアザミウマのような微小昆虫が加害し果実表面にかさぶた症状を引き起こしたり、吸ガ類、タバコガ類やメイガのように果実を食害する大害虫もいます。葉にはうどんこ病や灰色かび病、モザイク病等が発生します。大発生になりそうな時には効果的な農薬を使い即効的に制御することが必要です。農薬を使う場合には登録農薬を選び使用基準を守りスポット的に散布するなど、環境影響を少なくする配慮も必要です。併せて病害虫の少ない栽培時期を考えたり、特に施設栽培の場合には周辺の雑草を除いたり、排気口や側窓、天窓に防虫ネットを展張するなどして病害虫を入れないことが肝腎です。また施設栽培では生物的防除法も生物農薬と化学農薬と組み合わせると効果的になることがあります。このハンドブックはトマト・ナス・ピーマンにどのような病害虫が発生しているかを被害状況や生態の写真と解説から知り、適切な防除法を判断していただくために作成しました。お気軽にご利用いただければ幸いです。
(編者 平井一男・築尾嘉章)

凡例

  • *本書では、トマト・ナス・ピーマンに普通に発生する病害虫を取り上げた。
  • *病害虫の種類を判別しやすいように特徴的な写真を掲載し、被害、被害作物、発生、防除、薬剤について簡潔に解説した。
  • *被害については被害実態、被害部位等、発生については多発環境、発生時期、生態的特性等を解説した。
  • *防除については生態的・生物的・化学的防除法を解説した。
  • *薬剤については2016年10月末日現在の登録状況に基づき、主要な商品をリストアップした。薬剤は剤型、単剤・混合剤によって、また、作物、栽培法や処理方法によって登録の違いがあるほか、登録変更になる場合もある。使用時にはラベルやインターネットによる情報等で登録内容を確認していただきたい。

後付

編者

平井一男 元(研)農業環境技術研究所 現 東京農業大学、法政大学
築尾嘉章 元(研)農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所

著者

病害:
竹内妙子
折原紀子

前千葉県農業総合研究センター 生産環境部
神奈川県農業技術センター 生産環境部
害虫:
高井幹夫

元高知県農業技術センター 環境システム開発室

写真提供者(五十音順)

上住泰、粕谷洋一、粕山新二、斉藤正、白川隆、山下泉、山本磐、山本勉
全国農村教育協会

協力者

福井県農業試験場

防除ハンドブック トマト・ナス・ピーマンの病害虫

インターネット版
トマト・ナス・ピーマンの病害虫
初版 2011年9月1日 公開
最終更新日 2016年12月1日
書籍版
トマト・ナス・ピーマンの病害虫
初版第1刷 2007年10月31日  発行
著者 竹内妙子
折原紀子
高井幹夫
発行所 全国農村教育協会
東京都台東区台東1-26-6 〒110-0016
電話03-3833-1821 Fax03-3833-1665
http://www.zennokyo.co.jp